便秘のお悩みを一挙解決するために必要な、妊婦さんのための情報が満載です

乳酸菌

妊婦さんも安心して飲める、オススメ便秘解消成分の1つめは「乳酸菌」です。私達の体内で、とても重要な働きをしてくれる乳酸菌について詳しく説明しておきたいと思います。

乳酸菌による便秘解消の効果

私達の腸の中には100種類以上の細菌が存在していますが、その中でも乳酸菌は人の体の健康維持に欠かすことのできない菌の一つとされています。乳酸菌とひとことで言っても、その種類はざっと40種類程度いるとされ、腸内の善玉菌を増やして、私達の体の免疫力を高めたり、便秘予防アレルギー予防に役立っていると言われています。

便秘の解消の為には、自分の腸にこの善玉菌を増やすことが重要なキーポイントとなります。善玉菌が増えると悪玉菌を減らしてくれるので腸内環境が改善し、大腸の蠕動運動が活発化します。結果として便秘が解消し、腸内をきれいな状態に保つことができるのです。

乳酸菌の種類

  • ビフィズス菌
    人の腸内にもともといる菌で、乳酸菌の中でも善玉菌を増やす効果が特に強いと言われています。大人になるにつれて腸内のビフィズス菌の割合は少なくなっていくので、積極的に摂取することが望ましいようです。ただし、ビフィズス菌は種類が多く、人によって合う菌が異なるようです。また、熱や酸に弱いという特徴もあります。
  • アシドフィルス菌
    ビフィズス菌と同じく、人の腸内にもともといる菌で、ヨーグルトを作るときなどにも使われています。熱や酸にも強いという特性があるので、7割位の生存率で腸に届くとされています。世界中で最も売れている善玉菌と言われています。
  • ラブレ菌
    京都のお漬物「すぐき漬け」から発見された植物性乳酸菌です。塩や酸にも強く非常に生命力の高い菌ですから生きたまま腸に届きます。さらに、腸に到達したラブレ菌は、長く腸内に留まるという特性も持っています。また、ガンやエイズといった病気の予防効果が高いことで世界中から注目されています。

どの乳酸菌にもいえることは、乳酸菌を取ることも大切なのですが、体内の乳酸菌を増やすことも考える必要があるということです。

より効果的に取り入れるために

乳酸菌サプリやヨーグルトを摂取する時の注意点は、以下の3点。

  • 毎日摂取すること
  • 体に合っている菌かどうかを試すために、同じ菌を2週間は取り続けること
  • 胃酸に負けないように食後にとること

また、体内の善玉菌を増やすためにオリゴ糖も同時に摂取すると便意解消効果もUPします。