便秘のお悩みを一挙解決するために必要な、妊婦さんのための情報が満載です

HOME » 妊婦さんの便秘改善・基礎講座 » なぜ便秘になるのか

なぜ便秘になるのか

妊婦さん特有の便秘になりやすい理由をご説明しておきたいと思います。妊娠時期によっても便秘の原因は変化していくようです。

妊婦さんを悩ませる便秘の原因とは

妊婦さんが便秘になる大きな原因はホルモンバランスの変化によるものです。

女性の体は卵胞ホルモンと黄体ホルモンがバランスを取ることで毎月のリズムを作っているのですが、妊娠することで卵胞ホルモンが分泌されなくなります。妊娠中は黄体ホルモンのみが分泌されることになるのですが、黄体ホルモンには胃や腸の筋肉を弛緩させる働きがあるので、消化器官の蠕動運動が低下しやすくなるのです。その結果、腸の中に老廃物をためて便秘になってしまうというわけです。

また、胎児が大きくなっていくにつれて大腸が圧迫されることや、食事の嗜好の変化なども便秘の原因となります。

妊娠初期~後期の便秘の特徴

  • 初期
    妊娠して初期の頃は、悪阻で思うように食事が取れないケースがあります。必要な量を食べることができないと腸の蠕動運動も鈍くなってしまうようです。
  • 中期
    安定期に入る頃の便秘は、胎児の成長と共に引き起こされているようです。お腹が張るように感じる人も多いはず。
    ホルモンの関係で普段よりも眠気を強く感じるようになるので、横になる時間が増えていくでしょう。結果として運動不足になってしまう為に便秘になりやすくなります。
  • 後期
    妊娠後期になると胎児が成長して子宮が大きくなり、胃を圧迫します。この時期に便秘になると、吐き気を伴うことが多いのが特徴的。
    更に、妊娠中は体重増加によって血流も悪くなってきますから、便秘の時に無理に力むと痔になってしまうことも珍しくありません。

しかし、痔については産婦人科で薬を処方してもらえますし、出産後に治っていくものなのであまり心配する必要はないようです。

妊娠中のイライラや体調不良、痔などの原因となってしまう便秘。できればその悩みとは無縁に過ごしたいものですね。次のページからは、無理のない便秘予防・解消方法を探っていきたいと思います。