便秘のお悩みを一挙解決するために必要な、妊婦さんのための情報が満載です

HOME » 妊婦さんの便秘改善・基礎講座 » 妊娠中の下剤はとっても危険!

妊娠中の下剤はとっても危険!

妊娠中に下剤を使ってはいけない理由について説明しています。

なぜ妊娠中に下剤を使ってはダメなのか?

妊婦さんが下剤を使ってはいけない理由は、流産早産の危険性があるからです。

では、どうして下剤には流産・早産のリスクがあるのでしょうか。

下剤には、「センノシド」や「ピコスルファート ナトリウム」という、腸の蠕動運動(ぜんどううんどう:腸が膨張したり、収縮したりして、中の物を移動させる運動)を促す成分が含まれているものがあります。 (有名なものとしては、「プルゼニド」や「ラキソベロン」ですね。)

それらの成分によって蠕動運動が活発になると、子宮を刺激し、子宮収縮、いわゆる“おなかの張り”が起こります。 おなかの張りは、一般的に流産や早産の前触れとしてよく挙げられる症状です。

もちろん、おなかの張りは単純におなかが張っているだけのケースもあり、妊婦さんに起こる症状としては自然なことです。 ですので、むやみやたらと心配する必要はありませんが、そのような余計な心配を少しでも減らすためにも、下剤の使用は避けたいですね。

どうしても下剤を使いたいときは?

妊娠中は、黄体ホルモンという蠕動運動を弱める働きを持つ物質が分泌されるので、便秘になるのは仕方がないことだとも言えます。

もし便秘に困ってしまい、どうしても下剤が必要だと感じたら、まずは病院に行きましょう。

病院では、妊婦さんの体に合った下剤(便秘薬)を医師が処方してくれます。

一般的に処方される薬には、膨張性下剤や塩類下剤、刺激性下剤といった3種類の下剤があります。

膨張性下剤とは、寒天のように吸収されず、下剤そのものが水分を吸収して膨張するものです。 腸内の便の量を増やすことによって排便を促進させます。 一般的には「バルコーゼ」が有名です。

塩類下剤は、クエン酸マグネシウムや酸化マグネシウムなどの塩類の高い浸透圧で水分を引っ張ってくることによって、腸内の水分を増やし、便を柔らかくして便意を促進させるものです。 一般的には「マグラックス」「マグミット」が有名です。

刺激性下剤というのは、冒頭で挙げた蠕動運動を活発にさせる働きを持つ、「プルゼニド」や「ラキソベロン」などの下剤のことを指します。

しかし、これらの薬の服用には多少なりとも吐き気や下痢、食欲不振などの副作用が起こる可能性があるため、便秘が慢性化する前に対策をしておきたいですね。