便秘のお悩みを一挙解決するために必要な、妊婦さんのための情報が満載です

HOME » 妊婦さんの便秘改善・基礎講座 » 便秘薬がNGな理由

便秘薬がNGな理由

妊婦さんが便秘薬を使用することのリスクについてご説明しておきたいと思います。

妊娠中、便秘薬を避けた方がいい理由とは?

妊娠中の便秘改善のために市販の便秘薬を使用する妊婦さんもいるようですが、結論から言うと、妊娠中は市販便秘薬を使うべきではありません

特に妊娠初期は胎児が安定していないので、便秘薬服用による腸への刺激や腸の膨張が子宮に影響を与えてしまい、流産してしまう危険性が高まってしまうのです。切迫流産を引き起こす可能性があることは臨床的にも証明されているそうです。

刺激性便秘薬(ダイオウ、センナ、アロエなど)には、子宮収縮作用があるものもあり、妊婦は使用を控えるように使用説明書に書かれているものもあります。

妊娠初期は胎児の体の器官が作られていくとても重要な時期なのです。

  • 妊娠3~4週目…気管支・咽頭
  • 妊娠5週目…心臓や手
  • 妊娠6~7週目…目の水晶体
  • 妊娠8週目…足や指の形がハッキリしてくる
  • 妊娠10~11週目…骨の形成

胎児への栄養は、胎盤を通じて母親の体から取り込まれます。胎盤は胎児の免疫器官の働きも担っているといわれていますが、薬の成分は素通りしてしまうそうです。

ですから、母親にとっては大したことのない量を摂取したのだとしても、小さな赤ちゃんにとっては危険な量になってしまうといわれています。赤ちゃんの健康な体作りの妨げとなってしまう可能性も否定できないため、妊娠初期の便秘薬の使用は避けたほうが無難です。妊娠初期の便秘対策は、食物繊維オリゴ糖乳酸菌を積極的にとることから始めるのが最も安全・安心です。

また、この時期から積極的に薬に頼らない便秘対策を習慣付けていくことで、妊娠中期~後期の便秘予防にもつながっていきます。

どうしても便秘がつらくて仕方ないという場合は、検診の時に医師に相談の上、妊婦でも飲める便秘薬を処方してもらうようにしましょう。自己判断で安易に市販薬を飲むのはNGです。

妊婦さんにも安心安全な便秘解消アイテムBEST5