お悩み解決!妊婦さんのための便秘解消なび

便秘のお悩みを一挙解決するために必要な、妊婦さんのための情報が満載です

妊婦さんに知って欲しい便秘のお悩み解決なび

妊婦さんの便秘のお悩み解消サイト便秘とは無縁の日々を過ごしていた女性でも、妊娠中は酷い便秘に悩まされる人も少なくはないようです。

そんなお悩みの妊婦さんたちのため、妊娠による便秘の理由解決方法、オススメの健康食品ランキングを掲載しています。

マタニティライフを快適に過ごすための参考になれば嬉しいです。

妊婦さんの便秘解消にオススメな健康食品&ドリンクBEST5

そもそも私って便秘なの…?

なんとなく、「私って便秘なのかな…?」なんて思っている方も、「もうずーっと便が出なくて困っている」という方。辛い便秘を改善・解消するためには、今の自分の便秘の状態を把握することが大切です。そのために、まずはどのぐらい自分の便秘が進行しているのかをチェックしてみましょう。

≪便秘チェックリスト≫

  • よくお腹が張っている
  • ニキビができるなど、肌荒れが増えてきた
  • 手足の冷えを感じる
  • 顔や手足のむくみを感じる
  • 胸やけや吐き気、食欲不振などを感じることが多い
  • 朝食を抜くことがよくある
  • オリゴ糖や乳酸菌、ビフィズス菌などの整腸作用の高い成分を摂る習慣がない
  • 3日~1週間以上便が出ていない
  • 便が硬い
  • 便をする時にいきむ
  • ウサギのフンのような、小さくて硬いコロコロとした便が出る。
  • お尻を拭いたときに、血がついている
  • 排便をしても、残尿感やスッキリとした気分にならない

以上の項目に1つでも当てはまるものがあれば、便秘になっている可能性があります。

妊娠中の女性が便秘になりやすい理由

次に、妊娠中はなぜ便秘になりやすいのか説明していきます。

妊婦さんの多くが悩んでいるという便秘。お腹が張って毎日スッキリしない不快感があるというだけでなく、便秘が酷くなった状態を放置していると、「痔」になる可能性があります。また、便秘の状態でいきむことは、子宮口にも力が加わるので大変危険です。

妊娠中、便秘が引き起こされる理由は様々ですが、時期によって原因が多少異なります。

【妊娠初期~後期それぞれの便秘】

  • 妊娠初期→腸の動きが弱まる
    ホルモンの関係で、食物を肛門に送り出す平滑筋の収縮機能が弱くなります。その結果、消化管の運動も制御され、便を押し出すことができなくなるのです。
    また初期の頃は、悪阻で思うように食事が取れないケースがあります。必要な量を食べられないと、腸の蠕動運動も鈍くなってしまうようです。
  • 妊娠中期→子宮が腸を圧迫する
    安定期に入る頃の便秘は、胎児の成長と共に引き起こされているようです。
    赤ちゃんの成長とともに子宮が大きくなっていき、次第に直腸を圧迫するため、腸の蠕動運動がスムーズに行えなくなります。お腹が張るように感じる人も多いはずです。
    さらにホルモンの関係で、普段よりも眠気を強く感じるようになり、横になる時間が増えていくため、運動不足による便秘を招いてしまうことも。
  • 妊娠後期→水分不足
    妊娠後期になると胎児が成長して子宮が大きくなり、腸だけでなく胃を圧迫します。そのため、この時期に便秘になると、吐き気を伴うことが多いのが特徴的です。
    また成長した赤ちゃんは栄養だけでなく、多くの水分も必要となります。その結果、ママの体内は水分不足となり、便が硬くなり排出しにくくなってしまうのです。
    妊娠中は体重増加によって血流も悪くなっているため、便秘の悪化に拍車をかけます。

妊婦さんの便秘解消にはコレ!健康食品&ドリンク5選

市販の便秘薬は絶対にNGです!

便秘薬がNGな理由「便秘になったらお薬を飲めばいい」と思っている方も多いようですが、妊娠中に市販の便秘薬を飲むのは基本的にNGです。

特に妊娠初期は胎児が安定していないので、便秘薬服用による腸への刺激や腸の膨張が子宮に影響を与え、流産してしまう危険性が高まってしまいます。妊娠中の便秘薬の服用が切迫流産を引き起こす可能性があることは、臨床的にも証明されているそうです。

特に刺激性便秘薬(ダイオウ、センナ、アロエなど)には、子宮収縮作用があるものもあるため、妊婦は使用を控えるように記載をされています。自分のためにも、赤ちゃんのためにも、便秘薬の使用は控えておくべきなのです。

便秘改善のためには腸内環境を整えるのがイチバン

ではどうやって便秘を改善するのか。大きく3つの原因を挙げましたが、つまるところ妊婦さんが便秘になるのは、様々な要因から腸の力が弱まっているためだといえます。

妊婦さんが便秘を改善するためには以下の方法がオススメです。

  • 腸に良い働きをする食べ物を摂る
    腸の力を高めるためには、食生活から見直すことが大切です。もちろん、人によって効く・効かないはありますが、食べ物は身体の内側から便秘改善作用をもたらすので、実践するべき改善方法の一つと言えます。
    具体的には、ヨーグルトやパイナップル、もも、みかん、ハチミツ、人参、さつまいも、ごぼう、こんにゃく、寒天、納豆、オクラ、しいたけ・しめじなどのキノコ類などを摂ると、便秘解消に役立ちます。
  • 腸に良い働きをする飲み物を飲む
    飲み物なら、フタをあける手間がかかる程度で、時間をとらず腸の力を高めることができます。
    オススメの飲み物は、牛乳(またはホットミルク)、豆乳、生姜湯、お湯、オリーブオイル、そのほかにも乳酸菌やオリゴ糖の多い飲み物(ドリンクサプリ)がオススメです。
  • 骨盤を矯正する
    腸の力が弱まっている原因の一つに、胎内の赤ちゃんが成長してお腹が大きくなるために、臓器を支えている骨盤が歪んでくることが挙げられます。
    骨盤の歪みを直すには、フラフープを回すように腰をゆっくり回したり、尾てい骨のあたりに3つ折りにしたタオルなどを敷いて座ったりすると、骨盤の歪みが矯正されていき、腸の力が高まるそうです。
  • 身体を温める
    腸を温める「腸温活」を行うことで、疲労や病気に対する免疫力を高めたり、肌荒れが改善するといった効果が見込めます。腸温活で特にオススメなのは、湯船に浸かって半身浴を20~30分ほどしたり、腹巻きを巻いたり、お腹まで隠れる下着を着用することです。
  • 生活習慣を改善する
    不規則な生活を改めて見直すことが便秘改善にもつながります。不規則な生活は、自律神経を乱して便秘の原因となることがあります。生活習慣を改善するには、なるべく毎日決まった時間に寝る・起きる・食べることを心がけましょう。
  • 病院で診てもらう
    もう自力ではどうすることもできなくなってしまった便秘の場合は、病院で医師に診てもらうことをオススメします。医師は妊婦さんにあった下剤を処方してくれますが、場合によっては下剤の使用に危険性が伴うため、便秘を悪化させないよう日頃から便秘改善に努めましょう。

このように、妊婦さんの便秘を改善する方法は色々ありますが、その中でも効果が一番期待できるのは、腸内環境を整えることです。腸の力が弱まってしまうのは、お通じを助けてくれるビフィズス菌(善玉菌)が悪玉菌に負けて腸内環境が荒れてしまうため。ですが反対にいえば、ホルモンや腸の圧迫そのものを改善することは難しくとも、この腸内環境を正常化させれば、便秘は自然と改善されるのです。

妊婦さんにも優しい健康食品を取り入れるのがオススメ

妊婦さんの便秘解消には健康食品がオススメそこで妊婦さんの便秘解消におすすめしたいのが、健康食品(お茶やドリンク)やサプリメントを取り入れること。

腸内環境を整え善玉菌の動きを活発にさせる乳酸菌やオリゴ糖、お腹の調子を整える食物繊維などの成分を意識的に取り入れることで、腸内環境が正常化するのです。

健康食品の中には妊婦さんの体を第一に考えた商品も多くあります。しっかりと成分をチェックして、子宮収縮作用があるような成分が含まれていないことはもちろん、余計な添加物が一切含まれていないなど、母体にも赤ちゃんにも優しい商品を選ぶようにしてくださいね。

さらに、トクホ(特定保健用食品)の認定をされているものなら、効果と安全性の両方が期待できます。

妊娠中の便秘対策の体験談

辛い便秘を体験した先輩ママが実践した、妊娠中の便秘改善策についての口コミを集めてみました。

  • 私の場合は、便秘予防のためにオリゴ糖ドリンクをよく飲むように心掛けていました。また、フルーツヨーグルトも良いと聞いたので、フルーツとヨーグルトを合わせてよく食べていました。
  • 便秘にはバナナが良いと聞いたことがあり、バナナを食べていましたが、続けようにもバナナに飽きてしまいました。そこで、友達からオススメされたトクホのサプリに変えたところ、いつもよりお通じが良くなって嬉しかったです。
  • 私は、朝起きてすぐにコップ1杯の冷水を飲んでいました。あとはココアなどもオススメされて飲んでみましたが、なんとなく効いていたような気がします。
  • ネットで調べてみたところ、なんだかんだでサプリが一番効くということだったので、サプリを購入して飲んでいました。
  • もともとひどい便秘だった私は下剤などを多用していましたが、妊婦ということもあって、何かほかの便秘解消方法がないか探していました。知り合いの先輩ママから、粉末タイプやカプセルタイプのサプリなどのたくさんのサプリをオススメされましたが、その中でも私にはドリンクサプリが一番ドッサリ出るように感じました。
  • 私の場合は、こんにゃくゼリーをよく食べていました。でも、食べ過ぎるとすぐお腹が緩くなってしまうので、食べ過ぎないことを心がけるようにしていました。あと、ヨーグルトは食後に食べた方が効果があったように思います。
  • 知り合いの友達の妊婦さんが教えてくれたトクホのジュースと、オリーブオイルをふんだんに使ったサラダで便秘解消をしていました。オリーブオイルを摂り過ぎたせいか、少し太った気がしたので、食べ過ぎは身体によくないかもしれないですね。
  • 私は、食物繊維の多い市販の炭酸ジュースをよく飲んでいました。いろいろ試した結果、私にはそれが一番スッキリ出るように感じるので、効き目があると思います。
  • 朝食シリアル系が良いと聞いて試したところ、私にはピッタリでした。ほかにもグレープフルーツを食べたり、コーヒーを薄めて飲んだりしていました。
  • 個人的には、甘酒でも特に麹の甘酒が便秘に効きました。麹は母乳の質にも関係しているらしく、一石二鳥という感じです。麹の甘酒はノンアルコールなので普通の甘酒よりも飲みやすかったのもポイントです。ほかにも、生姜をすりおろしたものをいろんな飲み物に混ぜて飲んでいました。
  • ひじきや玄米がかなり効果的だということをレシピ本か何かで知ったので、私は料理にひじきや玄米を使って便秘改善を行っていました。
  • よく市販のヨーグルトを食べていたせいか、特に便秘に困ることはありませんでした。友達にもヨーグルトを進めてみましたが、その友達にはあまり効果はなかったそうなので、一概にヨーグルトが良いとも言えなさそうです。
  • 私はかなり便秘気味だったので、サツマイモを調理して食べたり、ドライフルーツやプルーンなどをヨーグルトに入れて混ぜて食べていました。
  • 体操やストレッチで身体を動かす方法を試しましたが、改善効果も特になく、続けるのも面倒くさくなったので、便秘に効果のある飲料を買って毎日のお通じを快適に過ごしていました。
  • 炭酸水やサラダなどのサッパリした食べ物を多く摂ることで、便秘のイライラを解消していました。
  • 便秘は今までの人生で全く縁がなかったのですが、妊娠をきっかけに便秘の辛さを体感しました。マタニティ雑誌でオススメされていたサプリやドリンクをいろいろ試したのですが、特にドリンクが効いたようで、1~2日には一度お通じがくるようになりました。
  • 妊娠前はキツい便秘だったので、お医者さんから頂いた下剤を飲んでいましたが、おなかの赤ちゃんのことを考えて、トクホのサプリや無添加の安全なものを摂るようにしていました。
  • 私は、野菜や発酵食品をいつも食べるように心掛けていました。それに加え、食事の補助として、ドリンクタイプのサプリを食後に飲むようにしていたら、いつもより便をした後のおなかの中のスッキリ感が増して、高い効果を実感することができました。

このように、先輩ママからの口コミでは様々な便秘改善案が寄せられていますが、特に便秘改善効果が高そうなのはヨーグルトドリンクサプリのようですね。

このサイトでは、先輩ママさんの口コミ・体験談などをもとに、高い便秘解消効果が期待できる健康食品や飲料をご紹介しています。便秘解消の為の食生活や運動についてもまとめてありますので、ぜひ最後までご覧になっていって下さいね。

先輩ママが選んだ便秘解消にオススメの食品ランキング